校長先生の部屋

 

新年度のご挨拶

 

             岸和田市立葛城中学校校長  藤 田   弘

 

令和2年度も伝統的ある校訓『親和勤勉』の下、

自ら考え、豊かな心を持ち、
お互いの人権を尊重し、
根気強く学習に取り組む生徒の育成を図り「知・徳・体」調和のとれた人づくりを

目標に教育活動を展開していきます。

 

令和2年度は、コロナウィルス感染拡大予防にため、4月からの教育活動が入学式しか行われておらず、生徒の皆さんや保護者の皆様方にも大きな不安を与えていることだと思います。そのような中で、教科書の給付や教材の配布等では、ご理解ご協力いただき誠に感謝いたしております。

学校の再開した折には、生徒たちはいきいきと活動している葛城中学校をお見せできるよう教職員全員で生徒一人ひとりの指導に当たっていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

私は、「中学校は『おとなになる』だと生徒たちに言っています。

「おとなになる」ために中学校の学びがあると思います。

そのためには、

1、「命を大切にすること」

一人ひとりが命の大切さとともに自分の大切さや周りの人たちの大切さを認め、常に思いやりの心や生命尊重の精神を持って生活すること。

 

2、「自分の可能性を信じること」

よい個性を伸ばし、何事にも前向きに挑戦すること。

 

3、「規律ある行動」

集団生活に必要な社会性を身につけるため、時間を守る、形を整えるなどの規律を心掛けること。

 

特にこの3つは葛城中学校の生徒みんなに毎日の生活の中で考えて行動してほしいことです。

 

                          令和2年4月

 

DSC_1514